最新記事

ハイヒールを履くと、体重が前のめりになり、爪先立っている指・特に親指に体重がかかる。
そして親指の付け根に負荷がかかり、外反母趾になる。
外反母趾を防止するには、この親指の付け根に力がかからないようにすれば良い。
つま先の細い靴は強制的に親指の先を人差し指側へ、そして、親指の付け根を先とは反対側へ形ち作る。
これは外反母趾を製造しているようなもの。
ハイヒールを履くのはそれを演出する必要のある時だけにして、普段はかかとの低い、そして、爪先の広い靴を履くようにする。
骨の成長中の子供がハイヒールを履くのは、成人女性と比べて更に良くない。
子供が「ハイヒールを履きたい」と言った場合、せいぜい連続20分程度にして、年間1日程度にすべきである。

足利市 整骨院

ハローバック

高級中華料理 大阪